スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

エリア予選中部2014+アナカラー次元

今回ホントにダメでした。

恥ずかしいし悔しいしで一生引き摺ると思います。

Dブロック

使用デッキ アナカラー+スパーク次元

PULUさんと調整してる時に使われたデッキが強そうだったので勝手にパクって出ました。
で、いざ卓の割り振りが終わってみるとPULUさんと同じ卓に。なんなん。

1回戦 赤青緑黒キリコ ○ 先攻

始まる前に次元見てリュウセイ×2、ガイアール、プリン、ディアボ、デビル、ガンヴィ、エビデゴラスみたいな感じだったのでブラフでなければロマノフホール入りのキリコかなと判断。ガイギンガなしで4ターンモルトのキリコ関係ないクソパターンがありえないおかげでちょっと余裕持てた。ブーストから相手の盤面潰しながら次元展開、途中で相手が3体クリーチャー並べたからミカドホールからディアボロス覚醒させてセーフティ勝ち。

盾5


2回戦 赤青緑次元モルト ○ 後攻

じゃんけん負けてちょっと不味いかなと思ったけど、ブースト3枚プレイして相手の勝利リュウセイの返しにロマノフホールZZ。止まったところにイン・ザ・ダーク出せて余裕が出来たから、モルトの種が残らないようにホールで潰しながら展開して一斉攻撃で勝ち。

盾5


3回戦 ミラー(PULUさん) ○ 後攻

2-0同士で勝ったほうが通過の勝負。ミラーは殆ど想定してなかったけど、エビデゴラスとサイクリカで次元をプレイし続けたほうが有利なのは目に見えてるので引けるようにお祈り。じゃんけん負けたものの相手の豊潤スタートに対してこっちはライフ→豊潤ライフ→MAS。次元のプレイ回数に差がつく状態が作れたので出てきたローゼをスパークで処理したりしながら殴りきり。

盾5

3-0なので予選通過

本戦は1ブロック34人抜けだったので人数調整でごく一部のみ1回戦あり

で、2回戦(実質1回戦)からスタート

2回戦 青緑+エメラルーダイメン ✕ 後攻

 結局この後優勝した人とのマッチング。相手ライフ→オチャ→エビデゴラスオチャワンパンでスタート。こっちはライフ→豊潤ライフ→ロマノフホールデビル。返しはイメンボアロアリスでW龍解でエンド、悩んだけど後攻めだと盾剥がされてクロックQEDで勝ち目なくなるのでここでデビルを覚醒、ミカドディアス置いて4枚ブレイクしたら水霊踏んでディアス除去。
 ここからこっちが殴るのをエメラルーダ遅延しながらエビデゴラス2枚目立ててくるみたいなやりとりしてたら時間切れてEXターン処理に。最終的にこっちの場が覚醒デビル・覚醒ディアボで相手の盾が仕込んだ何かの状況になって、ブレイクしに行く時に無意識で捻ってたのがディアボの方。酷い。
 結果仕込んであったカードは水霊でデビルが解除、ターン返すしか無くなる。一応相手QED2体とエメラルーダ、もう一回仕込んだ盾1枚で自分盾2枚だったから、DNAか1枚目父なる(でクロック)なら望みつなげたけど何もなくて負け。

自滅して名古屋帰ってきました。


『DSアナカラー』
DSアナカラー
4 x 超次元ミカド・ホール
3 x 超次元ロマノフ・ホール
4 x リュウセイ・イン・ザ・ダーク
4 x 霞み妖精ジャスミン
4 x フェアリー・ライフ
4 x 父なる大地
4 x 豊潤フォージュン
3 x 龍覇 M・A・S
3 x 龍素記号Sr スペルサイクリカ
3 x 龍脈術 水霊の計
1 x ブレイン・チャージャー
3 x DNA・スパーク

2 x 龍波動空母 エビデゴラス/最終龍理 Q.E.D.+
1 x 勝利のリュウセイ・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の凶兵ブラック・ガンヴィート/凶刃の覚醒者ダークネス・ガンヴィート
1 x 勝利のガイアール・カイザー/唯我独尊ガイアール・オレドラゴン
1 x 時空の封殺ディアスZ/殲滅の覚醒者ディアボロスZ
2 x 時空の悪魔龍 ディアボロス ZZ/究極の覚醒者 デビル・ディアボロス ZZ

 構築的にはこんな感じでした。こだわったのは色配分で、ずっと緑16だけは割らないようにしてました。ブーストからホールで勝利リュウセイで止めたりしてイン・ザ・ダークまで繋ぐのを目的としてるんですけど、他の最近のパワーカード振り回してくる相手と違って1枚でゲームをひっくり返せる札はないです。なので絶対にブーストを失敗できないって事でこの枚数(通常環境と比較すると正直これでも怪しいですが)。そこまで難しい立ち回りとかもないのでちょっと浮いてるカードの説明だけで。

<父なる大地>
 はっきり言って緑のカードを探していくとブーストの他に消去法的に残ったのがこれっていう理由がかなり強いですが、一応クロックが飛び交う環境なのでトリガー時に相手のクロックを引っ張りだすことに期待ができることと、ディアスの覚醒の補助に割と役立つのでそこまで邪魔なカードっていう感触はありませんでした。ただ、完全な赤単のドラゴンデッキに対しては、受ける時にトリガーしても相手のマナにあるカードが強すぎて使いづらい場面が目立ったので、今後そういったデッキが流行るのであれば再考が必要かもしれません。

<ブレインチャージャー>
 これは上記の「絶対にブーストをミスれない」っていうところと関係してる枠。本番だと滅茶苦茶ブースト回ったんですけど、序盤から中盤にかけて2回はブーストして先に高マナ域のカードでマウントを取らないと他のデッキに勝てない。詳しく確率計算とかはしたこと無いけど、セット用の緑+ブースト2枚引くっていうハードルは結構高いように感じたので前日に欲しいなって話になりました。要するに初動にならない豊潤フォージュンの5枚目。ホントは2枚入れようかなって話だったんですけど、枠がなくて引いたら使うみたいなピン投になっちゃいました。ちなみに本番では一回ライフブレインチャージャー出来る手札が来たんですけど、豊潤ライフのセットもあったのでそっち選んじゃいました()。

<龍素記号Sr スペルサイクリカ>
 ここは2枚と3枚で迷って結局3に。PULUさんはローゼブルエを入れていて、その関係上ここを2枚にしてたんですけど、結局このデッキだとイン・ザ・ダークと次元呪文最低2枚、出来れば3枚撃たないと勝てない。そう考えると1枚引いたら次元プレイ回数2回増えるこのカードの枚数を抑えてしまうと、40枚中12枚がブーストであるこのデッキのトップの弱さがモロに出てしまうんじゃないかなと思って3でいきました。時間があればもうちょっと2枚で試してみても良かったかもしれません。

<DNAスパーク>
 最初はデーモンハンドとか入れて完全なアナカラーで組んでたんですけど、どうしても先攻ツッパで盾剥がされた時に、エビデゴラスの打点を防ぐ手段がありませんでした。ただそのパターンって基本的に「盤面は捌いてて余裕はあるのに、どうしてもエビデゴラスだけが防げない」って時が多かったので、じゃあマナからデビル覚醒時に落として(勿論理想はトリガーで勝手に落ちることですが)サイクリカで撃てばギリギリの場面で延命出来るんじゃないかと思って3枚だけタッチで入ってます。副次的にタップキルのパターンとかも増えたので色配分にやや負担がかかる代わりに戦略パターンが広げられたのではと思います。


DSは強いハンデスカードがなくて(実はドクロムーンってカードがあって入れるか検討したこともあるんですけど)コントロールデッキはかなりしんどいですけど、ちょっとでも参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

2014-11-27 : 公式レポ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

とーあ

Author:とーあ
名古屋でデュエルマスターズやってる大学生です

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。